武蔵野進学セミナー新川教室

三鷹市にある学習塾です。

ぜんぜんぜん♪

こんにちは。武蔵野進学セミナー新川教室の吉田です。


君の名は。

相変わらずのヒットぶりで、先週の時点での興行収入は184億円。

ぼちぼち『もののけ姫』(193億円)の記録を更新するところまできています。

気がつけば僕も、このブログにて話題に挙げるのは、これで4度目になるんですね。

どうしてまたここへきて 『君の名は。』 なのかというと、

数回前に書いた「どうしてヒロインの三葉は髪を切ったのか?」の答えを知りたくて、

先日再びトーホーシネマズを訪れたからなのです。

公開から2ヶ月半が経ってなお、場内は満席。

いやあ、すごい。

リピーターも多いだろうなと思いながら、課題を抱えての2度目の鑑賞。

そしたらですね、全部わかりました。

なぜ三葉が髪を切ったのかも、3年越しの入れ替わりが起きたのかも、その他諸々の疑問疑念も全部。

それこそ、全全全部わかったんです。

その結果ですね、


  『君の名は。』 は、大変よくできたお話である。


ことが僕の中で確定しました。


1回目に観たときの感想として、なんとも微妙なコメントを残してしまいましたが、

とりあえず今は、全力で新海誠監督に謝りたい!

……という気持ちで一杯です。

とりわけラストシーンを僕は最初ものすごく低く評価してしまったのですが、

全全全部わかった上でみると、そのシーンはまるで、

村上春樹の 『四月のある晴れた朝に100%の女の子に出会うことについて』 そのものだったのです。

それに気づいた僕は、エンドロールが終わってなお、しばらく座席から立ち上がれないでいました。

なんというか、こう、ある種の感激のために。

数分後、強烈な尿意のためにあえなく劇場を後にしましたが、

2回目の鑑賞であれほど評価がひっくり返った作品というのは、他に 『千と千尋の神隠し』 だけです。

うーん、さすれば 『もののけ姫』 が興行成績で抜かれるのも必然と言えるかもしれませんね。

『もののけ姫』で火がついた宮崎駿作品は、次作の 『千と千尋の神隠し』 でピークを迎えました。

新海誠作品は、果たしてどうなることでしょう?

そういう意味でも、今から次回作が楽しみですね。