武蔵野進学セミナー新川教室

三鷹市にある学習塾です。

ついつい

こんばんは。

まだ『君の名は』を見ていない武蔵野進学セミナー新川教室の大塚です。

ですから、他教室の伊藤先生が髪を切って

イケメン度が増したことは知っていても、

三葉が髪を切ったことは存じ上げません。

鑑賞する機会があれば、吉田先生や根本先生と

ぜひ語り合いたいと思います。


ただこれで本日のブログを終わらせては

吉田先生からの折角のパスを台無しにしてしまうので、

国語の先生らしい内容をお伝えしたいと思います。


私が普段の国語の授業で大切にしていることの一つに

対義語があります。

対義語とは「意味が反対、または対になる言葉」です。

「反対」という概念は生徒たちにも理解しやすいのですが、

強調したいのは「対になる」ほうです。


例を挙げると、

温暖 ⇔ 寒冷     

わかりやすいですよね。


次はどうでしょう?

混乱 ⇔ 秩序

まだ大丈夫ですかね。


では次はどうです。

時間 ⇔ 空間

・・・(-_-;)

身体感覚から離れて抽象的になるほど生徒にとって

理解しにくいのですが、最後の例などはまさに「対になる言葉」です。

何かを説明する際に、その対極にある概念と対比して、

問題となっている事柄を明確に浮かび上がらせるための

便利な(都合の良い)言葉です。

新海誠監督の作品でも、

時間と空間は抜き差しならぬ形で

効果的に使われているように思います。

『君の名は』見ていませんが。


ともかく

生とは何かが分からなければ、

死と対比してみる(手塚治虫の『火の鳥』)、

自分が何者か分からなければ、

他人と対比してみる、といったように

国語の文章(論説)では

二つの概念や立場を対比させる二項対立型がよくでてきます。

対義語はそういった文章を読み解く大きな武器になるのです。


次回に続きます。

今夜はこのあたりで。









スポンサーサイト



内申点

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の関村です。

一気に秋が深まり、寒くなってきましたね。

私はというと、先週は自転車できましたが、今週は雨が降るかも・・・という天気予報を言い訳にして、自転車をサボってしまいました。

月曜日は、晴れマークなので何としても自転車で来ようと思います。

今日は、中3生が月例テストを受けています。

この時期、中3生は月例テストやV模擬など、テストが目白押しでとても大変だと思います。そんな中でも早めに来て自習をしている子が、ちらほらと。感心。

冬の面談会の申込みも始まり、志望校の選定もいよいよ。という時期になってきました。

志望校選びの指針になる、内申。

その内申を決める最後の定期テストが11月にあると思います。

少しでも内申が上がる可能性のある科目、1学期の内申のキープが危ない科目、人それぞれだと思いますが、期末テストまで賢く勉強して、内申アップに励んでほしいと思います。

ちなみに、この間家の掃除をしていると、私の中学3年時の時の通信簿が出てきまして、1学期と2学期で2段階評価が上がっている科目がありました。

そんなこともあり得るんですよ!

あきらめず、賢い勉強に励んでください!

それでは。

流れを引き寄せたい!

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の佐々木です。

現在、日本シリーズの最中ということで、どちらが勝利するのかということが気になっています。

まだ5戦目の結果を知らないという状態での感想になりますが、それぞれがホームで勝利するところが、「らしい」というか、ファンの存在の大きさを実感するところですね。

以前にもブログでも書きましたが、地元の球団を愛するファンの熱が伝わってきますね。

話は変わりますが、スポーツには「流れ」というものがありますよね!

本当に不思議なものです!

ミスをしてしまってから流れが悪くなり、それが勝負を決するポイントになることもあります。

不思議なもので、この仕事をしていてもそういう「流れ」というものを感じることがあります。

例えば、夏期講習期間中に授業以外でも自習を必死に頑張り、その結果、Vもぎや月例テストなどで大きく成果を出し、その勢いそのままで、どんどんやる気も上昇し、志望校に合格!

こんなことっていうのもあるわけですよ!

悪い流れに関しては・・・・・ここでは書くことは控えておきましょう・・・・・

いずれにしても入試におけるポイントだった出来事になったかもしれない・・・・・と後から振り返るのは簡単ですが、良い方の流れを作ることに自分は貢献できているのか?と思うことがあります。

貢献したいです!

終わってからではもう遅いわけですから。

今、入試に向かって突き進んでいるこの途中に、なんとか貢献したいですね。

それができた時の状態って言ったら最高ですね!

それを味わうことを知った自分は、もうこの職業の虜になっております!

塾講師というのは、学校の教師と比べるとあまりイメージが良くないものだと昔は思っていました。

今では、全くそのようなことは思わなくなりました!

負け惜しみのような意見かもしれませんが、そう思います!

実際、周りの同僚の先生方の姿を見ていてもそう感じます!

途中からだいぶ話が脱線してしまいましてすみません。

もうすぐ中学生は定期テストがあります!

まずは中間テストよりも良い結果を残せるように共に頑張っていきましょう!

それではまた!



「3度目の正直」は人任せで

こんにちは。武蔵野進学セミナー新川教室の吉田です。


最近、短い間にまったく同じ質問を2度されるという経験をしたので、ご報告を。


根本先生とメガヒット映画『君の名は。』について話していた時のことです。

「あの話の中で、一つだけわからないことがあって・・・」と根本先生が切り出しました。

根本先生がわからないこと?

逆に気になる。

一体どんなことだろう、、、と身構えていると、

「三葉(ヒロイン)はどうして髪を切ったんでしょう?」

と来ました。

・・・・・・

三葉が髪を切った? そんなシーンあったっけ?

なんとも情けないことに、僕はそのシーン自体を記憶しておらず、

そこから展開されるはずだった深い考察への入り口を閉ざしてしまう結果になりました。

期待に応えられず、ごめんなさい、根本先生。



その2日後。

幕張に住んでいるRADWIMPSファンの知人と久しぶりに会って話していた時のこと。

その知人は、新海誠の作品を観るようなタイプではないのですが、

音楽をRADWIMPSが手掛けているということで、『君の名は。』を観たんだそうです。

どうだった?と僕が尋ねると、

「すごく良かったよ! でも一つだけわからないことがあって・・・」

おや? どこかで聞いた前ふりだぞ。

まさか・・・

「どうして三葉は髪を切ったのかな?」

はい、来ました、やっぱりね。

だから覚えてないんですって、僕は、そこ。

情けない僕は、苦し紛れに、

「あれはきっとね、宮崎駿へのオマージュなんだよ」

と、適当ぶっこいておきました。

ちなみに根本先生にも同じこと言いました。

重ねてごめんなさい、根本先生。



でも実際どうなんでしょうか。

ヒロイン三葉が髪を切った本当の(心情的)理由。

気になります。

ここはぜひとも読解力の優れた方に『君の名は。』を鑑賞して頂いて、

客観的で得心のいく解釈を聞かせてほしいものです。

2度あることは3度あると言いますし、もう一度同じ質問をされたときのために、

きちんとした答えを用意しておきたいじゃないですか。


というわけで、大塚先生。

よろしくお願いしますm(_ _)m

seeing is believing

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

武蔵野進学セミナー新川教室の岡部です。


…前回のつづきから

そのAくんがひさしぶりに塾に顔を出してくれました。

かなり長いこと楽しく会話したのですが、

ここのくだりのために2回に分ける必要はなかったな(笑)


中3生は10月のVもぎが返ってきていますね。

担当の英語に関しては概ねがんばってくれたかな、という印象。

もちろん担当生徒全員の答案用紙を点検しましたが、

だいたい失点している部分は共通していて、それも想定通りでした。

現時点ではこれでいいんです。

○○の対策はまだやっていませんから。

まあ、○○の△△は落としても仕方がないところではあるのですが。

それ以外が得点できていれば、現時点では問題ありません。

予定通りに仕上がってきています。

毎年そうですが、英語は年内に仕上げます。

それ以降は調整&他科目に時間をまわしてもらいます。

まあ、冬期講習前までの提出として、鬼のように宿題を出していますが。


あ、長文の復習は指示した通りに復習できていますか?

やり直しの仕方も具体的にアドバイスをしてありますよね。

いつ、何を意識して、どう読み直しをするのか。

指示の通りに読み直しをしてください。

「読み捨て」厳禁ですよ。



最後に。

これまでの文脈とは一切関係がありませんが、

お問い合わせをたくさんいただいております。

誠にありがとうございます。


ある親御様からご質問いただいたのですが、

「ネット上で『1分でも遅刻したら教室に入れてもらえない』

と書いてあったんですが、本当ですか?」とのこと。

理由もなくそのようなことをする訳がありません。

部活が終わってがんばって塾に来ている子たちに対して、

そのような対応をする訳がありません。

理由なき遅刻、欠席が続けばペナルティは課します。

現に、今年の夏、中3生で1日授業を受けさせなかった生徒もいます。

ただし、ペナルティ措置は事前に通達済み、

しかも反省を促すという意図があってのことです。


当教室がどういう教室か、

実際にお越しいただいてぜひご覧ください。

ご縁がありましたら体験授業にご参加ください。

それでおわかりいただけると思います。

これからも素敵なご縁がありますように。




箱根駅伝予選会

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の関村です。

先週箱根駅伝の予選会について書くといったので書きます。

今年も様々なドラマがありましたね・・・!

一番有名どころといったら、本選連続出場記録が87回で途絶えた、中央大でしょう。

幾度も優勝し、箱根駅伝の伝統の名門校と言われている中央大。そんな大学が予選落ちに終わりました。

理由は様々な事が言われていますね…。

私の通っていた大学にも駅伝部があったのですが、練習がハードすぎて、倒れる人も多々いたそうです。

そんな超ハードな練習をこなしていたであろう、中央大の選手たちも予選落ちになってしまいました。

そして、予選落ち後の一年生キャプテンの言葉、『この日を忘れない』という言葉が深く胸に刺さりました。

努力をしたから成功するとは限らないというのがこの事か…と、感じました。

ですが、成功した人に努力をしなかった人はいないとも言います。

中央大の皆さんには、1年間『この日を忘れず』来年の予選会では、笑顔がぜひ見たいですね!

それでは。

運命の日

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の佐々木です。

本日はプロ野球のドラフト会議の日でした。

昨年に引き続き、私は色々な選手の情報をリサーチできないままこの日を迎えてしまいました。

まあ、予習を怠ってしまったわけです。

本業の方で、こんなことやってしまったら大変なことですが・・・

まだ結果を把握できていないので帰宅したら色々と調べようと思います。

話は変わりますが、小学生は今週、そして中学生は来週に月例テストがございます。

前回よりは今回、今回よりは次回というように少しずつでもいいので手応えと結果がほしいところです。

いつも中3の話ばかりで忘れられがちですが、小学生や中1・中2の生徒さんもしっかりと頑張っている様子が見られます。

特に中2の生徒さんは、前回がかなり良い成績が新川教室全体として出たこともあるので、今回はさらに上を目指そうという意欲も感じ取れる生徒さんが多いです。

何事にも成功体験というのは大事ですね!

それが個々のやる気を引き出しているのだと思っております。

そして今週から保護者面談のお知らせを授業で配布させていただいております。

保護者の皆様、お忙しいところではあると思いますが面談にご協力お願い致します。

それではまた!

縁は異なもの味なもの(本当は男女の仲についての言葉です、あしからず)

こんにちは。武蔵野進学セミナー新川教室の吉田です。


先々週でしたか、お気に入りのシャープペンシル、略してシャーペンが紛失しました。

僕は筆記用具には頓着のない方なのですが、そのシャーペンはなんとなく気に入っていたのです。

しかし、いくら探しても見つからないので、諦めて新品のものを購入することにしました。

たぶん何年ぶりってくらいにです。

吉祥寺のある文房具店で物色していると、かなり使い心地が良く、フォルムもスマートなシャーペンがありました。

でも高そうだな・・・と思いながら値札を見てみると、なんと200円!

なんという良心価格!

これは「買い」だと即決し、レジへ直行しました。

良い買い物をしたとほくほくしながら小銭入れをまさぐっていると、

金額を読み上げる店員さんの声が聞こえました。

「1200円になります」

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・え?

1000円多くない??


想像していた6倍もの金額を請求され、僕の頭は完全にフリーズしました。

しかし肉体は「財布から然るべきお金をとり出し、店員さんに支払う」という慣習に従い、

流れのままに1200円払ってしまったのです。

ああ、哀れなるパブロフの犬。

僕は悶々とした気持ちを抱え、件のシャープペンシル、略してシャーペンの値段を確かめるべく、

売り場へときびすを返しました。

200円。

確かにそう書いてあるように見えます。

200円。

何度見ても・・・・・・おや?

よーく目を凝らすと、200の前にかすれた文字があるように見えます。

さらに注意深く観察すると、そこに「1」と書かれてあった痕跡を、不服ながら認めることができます。

うーむ。

僕は迷いました。

1200円のシャーペン。

良いものには違いありません。

しかし、なにせ文房具には頓着のない僕です。

1200円は、とても大きな買い物です。

うーむ。

かと言って、おずおずとレジへ戻り、

「僕はこのシャーペンが200円だと思うから買おうと考えたのであって、

はじめから1200円と知っていたら買おうとすら思わなかったわけで、

だからさっきの会計はなかったことにして、もっと安いこっちのシャーペンを買うことにします」

なんて訴えるのは、なんともみっともなく、せせこましい振る舞いだなあとも感じます。

・・・・・・

・・・・・・

よしゃ。

俺ももう大人だ。

ここは思い切って、1200円のシャーペンを普段使いしてやろうじゃないか!

と、10分ほどの葛藤をくぐり抜け、ようやく結論を出したのでした。


いま振り返ると、何も1本12万するモンブランのシャーペンを買うわけでもあるまいし、

迷うこと自体、すでにみっともなく、せせこましかったなあと思うわけですが、

なにせ文房具に頓着がありませんので、どうかご理解を。


とまあ、このような顛末で1200円のシャープペンシル、略してシャーペンを持つことになったのですが、

縁は異なもの味なもの、とでも申しますか、

不思議なことに、そのシャーペンを使い始めたとたん、例の紛失していたシャーペンが見つかったのです。

ある生徒の授業中、その子のバッグのふちに引っかかっているのがチラッと見えたんですよ。

その子もまったく気づいておらず、2週間ほどぶらさがっていたものと推測されます。

いやあ、不思議なものです、まったく。

どうせ見つかったんだから、買い損じゃないかって?

いえいえ、それは違いますとも。

もし新しいものを買わなかったなら、そのお気に入りのシャーペンだって、きっとずっと見つからなかったのです。

僕はこういうものの考え方をします。

だから損なんてこれっぽっちもしていないのです。

むしろ、良い品物を思い切って購入するいい機会となったわけですよ。

それにしても、うーん、こいつは悩みますねえ。

使い慣れたシャーペン、(僕にとって)高級なシャーペン。

どっちを使ってやろうかな。

いやはや、贅沢な悩みです。

いっそ気分で決めましょう。

・それじゃあ、今日は高級な方を!

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・あれ?

ちょっと待って下さい。

今度は1200円のシャーペンがないんですが!?



えーと、、、

心当たりのある方、どうぞご一報下さい。

チャリンコ

こんにちは 武蔵野進学セミナー新川教室の麻生です。

今日は、いつもより朝早く起きて、高校説明会に行ってきました。

駒澤大学高校。

雨のときのために交通手段を調べたんですが・・・

電車だと遠回り、バスだと乗り継ぎが・・・

正直、ここからだと行きやすいとは言えない。

しかし、今日はとてもいい天気!

となると迷うことなくチャリンコです。

この前の日大鶴ヶ丘高校や佼成学園高校もチャリンコでした。

そう、私はチャリンコ野郎なのです。

片道1時間くらいならへっちゃらです。

今回、40分くらいかな?

駒沢大学高校、ま~久しぶりだったんで、途中住宅街で迷ったりしましたから、

慣れてしまえばもっと短縮できるでしょう。

すぐ近くに東京農大第一高校もあるので、

どっちも雨さえなければ自転車通学、いけますね。

前に吉田先生もこのブログで書いてましたが、近くに馬事公苑があったり、活気がある学生街ながら、

どこか落ち着いた雰囲気。

今、中間テストの真っ最中ということで、数人しか生徒さんと出会わなかったのですが、

でも、その若者たちは、私を見た途端、一斉に元気よく”こんにちは!”って挨拶してくれました。

私がスーパースターだからってことじゃないですよ。

見ず知らずのおじさんです。

普段からそういう教育がされているのでしょう。

礼儀正しいじゃありませんか。

もちろん私も元気よく挨拶し返したのですが、

元気な挨拶っていいもんですね。

いい気分になります。

いい気分といえば、今日のサイクリングもいい気分でしたよ。

世田谷区の北に位置するのかな?

ここからチャリだと、甲州街道を抜けると京王線千歳烏山駅で、さらに行くと高級住宅街で有名な成城。

柄にもなくセレブ感を味わっていると小田急線成城学園前。

ってことは成城学園や芝浦工大高校もチャリOK!

そこから小田急線沿いにちょっといけば環状八号線にぶち当たります。

その間、超有名なラーメン屋さんや、とんねるずの木梨さんの実家の自転車屋さんの近くを通ります。

昔、店の前で見かけたのですが、笑っちゃうほど木梨さんにそっくりでした。

環状八号線をひたすら行くと世田谷通りにぶち当たるので、それを左に曲がればあっという間に到着です。

楽勝!

今日は暑いくらいで汗びっしょりになってしまいましたが、時折吹く風が、いつの間にやらすっかり秋で、

まあ~さわやかなこと!

ほんっといい運動になりました。

チャリンコっていいもんですよ!

みなさんもいかがですか!

ではまた。










誰かの記憶に残ることがいかに幸せであるか

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

武蔵野進学セミナー新川教室の岡部です。


今日は高校生になった卒業生が遊びに来てくれました。

仮にAくんとしておきましょう。

すっかり身長が伸びた彼とは思い出深いエピソードがあります。


小6生のときに体験授業を受けに来たAくん。

しかしあまりに授業の和を乱す言動があったので、

初回にして、一人呼びだしてお説教をしました。

当然、こんなことをしたのは彼がはじめてです

(今後もいないでしょう…)。


しかし面白いもので、

入会したAくんはそのあと私のことを慕ってくれるようになり、

英語の成績がグングンと伸びていきました。

当時の学年でいえば、間違いなく教室中で1番できました。


受験校も、英語教育が熱心な学校を選んでいました。

残念ながら第一志望の高校には合格できなかったのですが、

受験が終わった直後にお母様が来塾され、

「うちの子は英語の先生ではなくて、

岡部先生みたいになりたいんですって」

と仰っていただきました。


私は泣きました。


初対面でお説教した彼、

私のムチャぶりに乗って授業を盛り上げてくれた彼、

3年間で驚くほどに英語の力をつけた彼、

そして私のことを目標にまでしてくれた彼、

そのこと自体と、

そんな彼を合格まで導いてあげられなかった

不甲斐なさ、申し訳のなさ、

様々な思いが込み上げてきて

私は泣きました。


ああ、ダメだ。

またこれを書いているとグッときてしまう。

続きは次回…

はやく帰る

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の関村です。

本日は秋晴れ!ということで、ついに自転車で通勤をしました。

前回自転車で来たのはおそらく6月頃。

途中恐ろしい坂があるのですが、なんとかその坂を乗り切って40分で到着しました。

あまりにも体力の衰えを感じるので、やはり定期的な運動は必要ですね。

それはさておき、本日は箱根駅伝の予選会ですね!

予選会の模様は仕事中だったので見れませんが、ばっちり録画しております。

20kmもの距離を走る過酷な予選会。

おそらくもう結果が出ているでしょう・・・

はやく知りたい・・・。

今日は早く帰ろうと思います。

来週の漢検

こんばんは。

武蔵野進学セミナー新川教室の大塚です。

漢検本番までちょうど1週間です。

改めてご案内を。

10/21(金) 17:20~ すべての級が同時刻開始です。

受検者は引き続き毎日対策をしてくださいね。

吉祥寺本校での受検は10/29(土)となりますので

ご注意下さい。


参った・・・

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の佐々木です。

先週で三鷹1中の中間テストが終了し、夏期講習後から続いたテスト対策期間が終了しました。

しかし、またすぐに月例テスト、そして期末テストの対策授業が始まることになりますので、生徒のみなさん、引き続き気を引き締めていきましょう!

話題が変わって昨日の話になりますが、東京都の一部で停電がありました。

水曜日は私自身が週休日ということもあり、昨日は池袋で買い物をしていたのですが・・・

突然、暗闇が・・・

これはもうパニックでしかないですね!

まず、買い物どころでもないですし、どうすればいいかもよく分からない状況でした。

当時、5階にいたわけですが、まず、店を出るにしても暗闇の中・・・

電気がない時代に生活していた人々は本当にすごいですね!

こういう状況になって実感することができたというように、ポジティブにとらえられなければやっていけないほどの落胆でした。

エスカレーターも動かないとなれば、自動ドアも作動しない。

30分ほどでようやく電気がついたときには本当にほっとしました。

しかし、悪夢はまだ続きます。

帰りの電車が動いていないわけなんです!

参りますね・・・

休みの日なのにこんなに疲れるとは思いませんでした。

トラブルが起こったときというのは、冷静になろう!と思ってもうまくいかないこともありますね!

受験の日であればなおさらです。

そんなことを考えるとゾッとするのは私だけでしょうか?

そんなことがないように祈り続けたいと思います!


最後になりますが、新川教室に新たに机が届きました!

自習室の机の数もこれで増えました。

私が「精神と時の部屋」と呼ばせていただいている空間も少し広くなった気がします!

しつこいようですが、生徒の皆さん!

お待ちしています!家で学習できなければ、ぜひとも来て下さいな!

それではまた!

岡部先生、、、僕も消えました、、、

こんにちは。武蔵野進学セミナー新川教室の吉田です。

えー、、、

ブログを書いている途中、、、

というか、ほぼ書き終えたところで、、、

全文ふっとびました、、、

理由はよくわかりません、、、

なんか画面がパパパっと切り替わって、そしたら文字通り「白紙」に戻っていました、、、

、、、

「中国から一時帰国している幼なじみとの数年ぶりの再会」という内容でした、、、

機会があればまた書きたいと思います、、、


というわけで、今日はクモの話をします。

教室の隅に、一匹のクモがいました。

黒い、小指の爪くらいのクモでした。

捕まえてやろうと手を伸ばしました。

すばしこい奴で、ピョンと跳ねて、逃げられました。

なるほど。

達者でな、クモくん!

シュークリーム

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の関村です(^^)

今日は新川教室では英検を実施しています。

4級、5級、準2級と終わりあと残すところ3級になりました。

もう少しで試験開始ですがギリギリまで粘って自習をしている生徒がちらほらいます。

中3生は内申の加点要素になる英検。ぜひ合格してほしいと思っています。

前回はなめこ、前々回は秋刀魚でして今回も食べ物シリーズで行きたいと思います。

私が小学生だった頃の話です。

友達の家に何人かで遊びに行きました。

おやつの時間は友達のお母さんが焼いてくれたシュークリームだったのですが、その時事件は起こりました。

複数人で遊びに行ったので、シュークリームが1つだけ足りなくなったのです。

足りないな・・・。と感じつつ、様子をうかがっていると、シュー生地のカスを集め、無理やりクリームをつけたようなものが私の前におかれ、友達のお母さんに「これでいい?」と言われました。

小学生のころは引っ込み思案だったので、何も言えずそれを食べたのを覚えています・・・。

その話を私の母親にしたところ、後日スワンのシュークリームを作ってくれました。

大きくなってから聞いた話ですが、私に美味しいシュークリームを食べさせるために、母はケーキ教室に通ってくれたらしいです。

本当に親には感謝ですね。

皆さんも気づかないところで、親がサポートをしてくれていることを忘れずにしてほしいとおもいます!

お邪魔しました

こんばんは。

武蔵野進学セミナー新川教室の大塚です。



本日は三鷹3中の学校公開に行ってまいりました。

体育館での合唱コンのリハーサルを見せていただきました。

大ホールでの本番は、ここ数年足を運んでいますが、

リハを見学するのは初めてのことでした。

練習といえども緊張感のある雰囲気の中

全体合唱からクラスごとの合唱まで

しっかり聴かせていただきました。

それぞれのクラスの物語が歌を通して

こちらに伝わってくるようで感動しました。

塾で接しているだけの私でさえ感動するのですから、

ここまで育て上げた親御さんは感無量でしょう。



指揮や伴奏にもムサシン生が活躍してましたね。

練習、大変でしょうね。


休み時間には、ぽつんと一人いる私のところに

本校の生徒も新川の生徒もムサシン生ではない生徒も

来てくれて、学校での表情も見ることができました。


夜の授業では、『来てくれてありがとう!』 や

 『なんで来たの?』 と反応は様々でしたが、

都合がつけば、本番もぜひ聴きに行きたいと思います。

今日はどうもありがとうございました!



ハーモニー♪

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の佐々木です。

本日は、午前中から三鷹6中のけやき祭に行ってまいりました。

この新川教室では三鷹6中の生徒さんが非常に多いということもあり、終始、色々な生徒の活躍の場を見ることができました。

今回のけやき祭では主に合唱、吹奏楽部やギター部の演奏が中心となりました。

中には、指揮をしたり、伴奏をしたり、実行委員の役割を担う生徒もいました。

合唱中は普段の様子とこんなにもちがうものなのかな~?と思うくらいに堂々としていた生徒が多かったです。

そしてギター部の演奏ではとある生徒の貫禄のある登場シーンを見ることができました。

その生徒のギターの持ち方がもう・・・まるで伝説のギターリストが登場したかのような感じで、もう演奏する前から惜しみない拍手を送りたい!

そう感じました。

私の心の中に永久保存版として残しておくことにしたいと思います!

今回、このけやき祭を見させていただいて、個人的には嬉しいことばかりでした。

中でも、この新川教室の塾生として退会してしまった生徒からも向こうから声をかけてきてくれたことは本当にありがたいと感じました。

戻ってきてほしい!

心からそう思います!

もし、このブログを読んでくれていて心当たりがあるという生徒さん!

いつでも待っております!


最後になりますが、今回のけやき祭を通して今まで以上に生徒を志望校に合格させてあげたいという気持ちが強くなりました。

生徒の皆さんに比べれば、私が雄姿を見せられる機会というのはほとんどないと思います。

だからこそ、毎日のわずかしかないかもしれない関わりを持てる時間の中で、私も生徒のためにできることを全力でやってみようと思います!

共に頑張りましょう!

そして共に喜びを分かち合いましょう!

それではまた!

なめこラプソディー

こんにちは。武蔵野進学セミナー新川教室の吉田です。


今回は関村先生の話にがっつり乗っかろうと思います。

なめこ。

あれは何年前のことでしたか、『北関東3県ダーツの旅』という企画をやったときのことです。

といっても何のことやらわからないと思うので、概要だけ説明いたしますと、

茨城、群馬、栃木、この3県の地図を拡大したものを的にダーツをし、刺さった市町村を車で巡っていくという遊びです。

ルールは3つ。

① 各市町村の役所or役場の前で記念撮影。

② 各市町村のご当地キャラグッズをゲット。

③ 各市町村で収穫された作物を集め、旅の終わりにそれらを使って鍋パーティーをする。


それぞれのルールに面白さがありまして、たとえば、

①…縁もゆかりもない市役所の前でテンションMAXに!! (ほぼディズニーランド入場時レベル)

②…こんな山奥の小さな町にもご当地キャラが!! みたいな。それが結構かわいい!! みたいな発見。

③…訪れた土地の作物によっては、鍋に入れたくないものもあったり、なかったり → 一体どんな味に!?

といった具合です。

①と②には基本的に「楽しさ」しかないのですが、問題は③ですよね。

群馬あたりではコンニャクやらネギやらイモやらと、いかにも鍋らしい具材がそろい、

茨城には海があるので、海産物をゲットすることができましたが、

栃木では思うような食材がなかなか見つからず(群馬とかぶるものが多かったのですが)、

最悪、とちおとめか?! という懸念が現実味を帯び始めたとき、ある道の駅にて「なめこ」を発見したのです。

ただし「なめこ」といっても、ただの「なめこ」じゃありません。

かさの直径が10㎝ほどもある、「巨大なめこ」です。

その規格外サイズに慄きながらも、イチゴよりは鍋に合うだろうということで、それを最後の具材として選びました。

そして旅の終わり――楽しみと不安がハーフ&ハーフの鍋パーティーの始まりです。

全会一致で、「とりあえずなめこは後回しで」議案が可決されました。

そうして、しばらくふつうに鍋を味わいました。

ふつうに美味しい鍋でした。

みんな忘れたふりをしていました。

本当に忘れられたらいいのに、と誰もが心のどこかで思っていました。

でもこの世界には、やはり忘れてはいけないものがあるのです。

人類の歴史。

戦争の悲劇。

母親の愛。

巨大なめこ。

ここでなめこを投入しなかったら、この旅の意味がなくなってしまう!

そんな悲痛な想いを込めて、巨大なめこの束を勢いよく鍋に放り込みました。

瞬間、

ずっと抱いていた不安は、見事現実のものとなりました。

巨大なめこの放つすさまじい芳香 (僕にはなめこの咆哮にも思えました) に、

誰もがアルコールのせいではなく、胃から何かがせり上がってくる感覚を覚えました。

必然、その時点で箸は1mmも動かなくなり、鍋に残された巨大なめこは、

まるで夏の終わりの磯に漂う毒くらげのようでした。


……

これが僕の、なめこにまつわる臭い…いえ、苦い思い出です。

とはいえ、ふつうのなめこは大好きですし、巨大なめこも本当は美味しいらしいです。

調理の仕方がまずかったのか、選んだなめこが特別邪悪だったのか、今となってはわかりません。

とにかく、その旅の終わりがそのような形で締めくくられたことを、

ハプニング大好き人間の僕としては、喜ばしいことこの上なし、と思ったものです。

のどもとすぎれば・・・

こんにちは 武蔵野進学セミナー新川教室の麻生です。

今日はお説教です。

”喉元過ぎれば熱さを忘れる”

っていうことわざをご存知ですか?

まだ三鷹1中が中間テスト終わっていないんですがね、

もう終わってずいぶん経つ中学校もあるんです。

ずいぶんたつっていっても3週間弱なんですが、

もう忘れている生徒がわずかながらいる。

何をって?

悔しさです。

何のって?

あれだけがんばったのに(もしかしたらあんまりがんばっていなかったのかな?)

結果が思ったよりよくなくて・・・・くやし~!ってやつですよ!

もちろん中間テストですよ!

誠にもって残念なことですが、

ごくわずかですが、ここ最近、そういう生徒を見かけます。

指導している私たちにも責任があります。

だから悔しい気持ちを忘れることなく次回でのリベンジをビシッて心に刻み込んでいます。

なのに当の本人がすっかりあの悔しさがどこへやら・・・

なんとか物事をらくにすませようって感じの気の抜けた学習状況になっていては・・・

どうしょもないっしょ!

あきらめちゃったの?

がんばっても結果がでないってことはありますよ。

つらいね。くやしいね。

でも、次回リベンジしようって、どこがよくなかったんだろうって・・・考えて、できることから実行してみる。

つまり、失敗をバネにするってこと・・・そういうことのほうが大事じゃないの?

精神論ってことじゃなくて、実際そうしなきゃ、いつまでたっても同じことの繰り返しではないですか?

それいやでしょ!

だから、簡単なことじゃないけど、くやしい気持ちを忘れずに、やれることをしっかりやっていこうよ。

今日もそうだったけど、そういう気の抜けた場面があったら、ガンガンしかるからね!ガンガンほえるからね!

あ~そうさ!

私は口やかましいガンコじじいだよ!

ど~思われても構うもんか!

よくなるまで絶対あきらめないからな!

でも、今日はこのくらいにしておく。

ではまた・・・。







またブログが消えた…

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

武蔵野進学セミナー新川教室の岡部です。


本当です…。

Vもぎの結果とその原因、方針を書いたのですが、

アップするタイミングでなぜかログイン画面になり、

(たいして時間が経っていないにもかかわらず…)

心が折れたので…今日はここまで。

なめこ汁

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の関村です。

先週に引き続き今週も食欲の秋の話をしたいと思います。

秋刀魚の次に秋の味覚として私が好きなのはきのこです。

子どものころは、きくらげ以外のきのこは食べられなかった私が、今はきのこ炒めを山のように作りたべております。

きのこが好きになった出来事はいまだにはっきりと覚えています。

小学生の遠足で、高尾山に行ったとき頂上でなめこ汁をいただきました。

高尾山の天然なめこの味に感動し、なめこが好きになったのを機にきのこ全般が好きになりましたー。

正直、遠足でなめこ汁を食べると聞いたときは、いやでいやで仕方なかったのですが、今となっては苦手なことも挑戦してみる甲斐があるなと思っています。

勉強も、わからないと、挑戦しない、は全く違うことです。

わからないのは大いに結構なので、挑戦をどんどんするようになってくださいね!