武蔵野進学セミナー新川教室

三鷹市にある学習塾です。

がんばれー!

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の関村です。

中学入試も、高校入試も本格化してきました。

今日一人、受験生を送り出しましたが、とても緊張しているようでした。

今までの努力を出し切って欲しいと思います。がんばれー!!

先日、インフルにかかったと生徒から連絡がきました。

残りの時間、風邪だけには注意してくださいね!
スポンサーサイト



大衆性と文化的寛容、そして……

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の吉田です。

さて、先週の続きです。

新橋演舞場まで、歌舞伎を観に行ったときのお話。

最初の演目は『車引』。

メインキャストは中村獅童さん。さすがの迫力に、思わず拍手。

しかし……何を言っているのか、まったくわからない!! んですよ、これが。

あの歌舞伎然とした語り口は小気味よく響くのですが、

言葉の古さと、歌舞伎独特のイントネーションとが相まって

英語以上にリスニング難易度が高いのです。

いやー、もっと勉強しておくべきだったと反省。

そういえば入口あたりで音声ガイダンス機のレンタルをしていたなーっと、

その意味をここへきて納得。

いきなり歌舞伎初心者として、梨園の洗礼を浴びたのでした。

ただ、この『車引』という演目はもとは文楽(人形浄瑠璃)の台本らしいので、

ことさら言葉づかいが古いとのこと。

次なる演目、『弁天娘女男白波』では、もっと歌舞伎の面白さを堪能できるはず。

と期待を寄せつつ、とりあえずその前に、買っておいた笹寿司を堪能しましょうか。

これぞ〝幕の内弁当〟とうなずきながら、舌鼓を打ちます。

演舞場の客席で食す笹寿司は通常の3倍増しに美味しく感じられ、

正直100貫食べられると思いました。

(遠足のおにぎりや、キャンプ場のカレー、山頂のカップ麺が3倍増しで美味しいのと同じ論理ですね)

そうこうしている間に再び幕が開きます。

やはり観客の皆さん、幕が開くまではがやがや。

この緊張感のなさが、歌舞伎というものの持つ大衆性であり、

文化的寛容さなんだなあ……などと小難しい言葉を

意味もよくわからないまま繰り出しつつ、舞台に注目。

『弁天娘女男白波』は今回の目玉で、

メインキャストは歌舞伎界のスター市川海老蔵さんです。

歌舞伎どころか、ふつうの芸能界にさえ疎い私でも知っているスター。

その演技力に注目です。


……といったところで、本日はここまで。

まさかまさかの3週目に突入です(笑)

それでは皆様、また来週~。

非常事態!

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の佐々木です。

昨日、1月26日(火)から、武蔵野進学セミナーのサイトに不具合があり、

たっちメールなどの部分でも保護者様にご迷惑をおかけしていると思います。

ブログ自体は見られる状況なのですが、メールなどの送受信ができない状態となっております。

この間にメールなどでご連絡されたご家庭の方々に対してもお詫びいたします。

本当に申し訳ございませんでした。

問い合わせなどに関しましては、不具合が改善され次第、対応させていただきます。

ご了承下さいませ。


話は変わりますが、本日で推薦入試に関しては一段落したということになります。

推薦入試を受けた皆さん、お疲れ様でした。

結果が分かるまでの1週間ほどの期間というものは非常に長い!

そのように感じるのではないかと思います。

私も高校入試の際に推薦入試をさせていただいたのですが、

合否を待つ時間というのがとても長く感じたのを覚えています。

しかし、この合否待ちの期間でも油断することはないようにしてほしいです。

まだ終わったわけではありませんからね!

一般入試ももうすぐ始まりますので、気を引き締めていきましょう!


話は再び変わりますが、昨日は岡部先生の誕生日でもありました。

生徒の皆さん・・・・・分かっていますよね・・・・・

多くは語りません・・・・・

ということで、よろしくお願い致します!

それではまた!


都立推薦

続きを読む

推薦

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

武蔵野進学セミナー新川教室の岡部です。


私立校の推薦を受けた生徒たちは無事合格でした。おめでとう。

まだ気を抜かずにね。これで終わりではないですよ。

さて、今週は都立校の推薦入試ですね。

個人面接はもちろんのこと、集団討論も先生たちを交えて練習を重ねてきました。

生徒たちが受ける学校は例年並みの倍率ですが、厳しい戦いであるのは間違いありません。

練習で学んだことが活かせるように祈っています。

明日、仕上げをしましょう。


さてさて、明日1月26日は私、岡部の誕生日でございます。

ということで、リュックに余裕を持たせていきますよ。

さあ、カモン!(笑)

…ではなく、君たちの合格が私にとっても最高のプレゼントになります。

改めて、健闘を祈ります。

大河ドラマ

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の関村です。

今日は、おすすめのドラマの話をしたいと思います。

みなさんは欠かさずみているドラマはありますか?私は朝ドラと大河ドラマはそこそこ続けてみています。

なかでも大河ドラマは毎年、欠かさずみています。(たまにみない年もありますが・・・)

私が大河ドラマをみるようになったきっかけは、大河ドラマ好きの母親が毎年みていた横で、なんとなーく眺めていた事がきっかけでした。その影響で歴史が好きになり、社会科という科目が大好きになりました。

大河ドラマは、一年間かけて歴史上の一人の人物を追いかけていくドラマです。
今年は「真田丸」。かの有名な戦国武将「真田幸村」の生涯を描きます。
真田幸村と他の戦国武将との関係ををどのように描くのか、時代背景をどのように描くのかとっても楽しみですよねー!

大河ドラマなんて、と思っている人も。好きな俳優さんが出ているなどの単純な理由でも良いんです。
今年の主演もかの有名な「堺○人さん」ですよね。どんな理由であれ、みていただけたら、はまること間違いなしです!

ぜひ、大河ドラマみてくださいねー!!!

幕の外弁当

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の吉田です。

今週の日曜、「歌舞伎」というものを初めて観賞してきました。

両親が買ったチケットを、他に用ができたからという理由で半ば強引に押し付けら……いえ、

ありがたく譲っていただき、はるばる新橋演舞場まで足を運ぶこととなったのです。

新橋駅から歩くこと10分。

到着した時には、すでに長蛇の列ができていました。

といってもその列は、場内に入るための列ではなく、お弁当を買うための列。

なるほど、これがほんとの〝幕の内弁当〟ってわけね!

と、ひとり寒空の下で大きくうなづく私。

平生、映画×ポップコーンという文化に疑問を抱く私といえど、

お芝居×幕の内弁当 なる日本的伝統文化の魅力に抗うことはできず、笹寿司弁当を買いました。

さて、観劇のマストアイテムを手に入れたところで、いざ入場です。

場内は、コンサートホールより一回り小さい箱で、ぎゅっと実の詰まった感じ。

二階席、三階席のヘリには提灯がずらっとぶら下がっており、

正面の舞台には、笑点やそれこそ歌舞伎揚げでおなじみの緑とオレンジと黒の緞帳が降りていて、

ああ、いかにも歌舞伎を観に来たんだなあという実感が湧きます。

これがオーケストラのコンサートですと、開演前はピリピリした緊張感が漂っているものですが、

歌舞伎の開幕前の雰囲気はなんとも和やか。

それどころか、結構な数の人がすでにお弁当に手を付けていらっしゃるし(笑)

幕の内、じゃなくて、幕の外弁当ですよ、それじゃあ!

と、ひとり二階席から一階席の方々にツッコミを入れる私。

そうこうしているうちに、幕が上がります。

上がるというか、歌舞伎の場合だと幕は横に滑るわけですが、まあよしとしましょう。

最初の演目は『車引』。

メインキャストは中村獅童さんです。

さあ、初の歌舞伎観賞はどうだったのか。

来週に続きます。

ドラマティック!

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の佐々木です。

月曜日は東京にも雪が降り、なかなか大変でしたね!

受験の日などに交通面のトラブルが起きないように願っています。

話がだいぶ変わりますが、

去年末になでしこJAPANで活躍した澤選手が引退されました。

それ自体は残念なことなんですが、

私が感心したのは引退試合で、自らが点を決めて優勝しちゃうところですね!

すごいですね!

単にその言葉だけで片づけてはいけない気もします。

よく、「~の神様はいた」という言葉がスポーツで使われますが、

今回ほどそれを感じたことはなかったですね。

でも、それはただただ運が良かったわけではなく、

今までの功績や努力が生んだものだと思いますし、

必然的だったのかもしれませんね!

生徒の学習面も、「そのような状況であってほしい」と思い続けているのですが、

なかなか、上手くいかないこともありました。

ひたむきに頑張る生徒をなんとか報われるようにしてあげたいですね!

その為に私もよりいっそう努力しようと思います!

いよいよ入試の時期となりましたが、

皆さん、体調管理に気をつけて頑張って下さい!

それではまた!

「新川大塚コレクション」

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

武蔵野進学セミナー新川教室の岡部です。


タイトルは「東京ガールズコレクション」風です。

…わかりづらいですね。


今日は冬期講習中の大塚先生のお写真を2枚ほど。


12月25日 クリスマス

DSC_0775.jpg

躊躇なく鼻を赤く塗るところ、さすがプロです。

私もサンタキャップをかぶっていましたが、当然、全部「持っていかれ」ました。



1月3日 年明け初日

DSC_0786.jpg

新年度1発目はお着物でした。

お着物姿はかっこいいのに、なぜか表情はユルいですね。



最後に、今月の1枚。

DSC_0809.jpg

今回も妻に描いてもらいました。

一富士、二鷹、三茄子、ですね。


遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。


リフレッシュ

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の関村です。

1月に入って半月ほどが経ちました。
ここ数日急に寒くなってきて、ようやく毎年使っている毛布をかけて寝ています。

寒くなるのと同時に、夜の空がめちゃめちゃきれいだと言うことに気がつきました。
塾の講師をしていると帰宅時間は夜になるのですが、冬の空はとてもきれいです。
星座に疎い私ですが、そんな私でも知っているオリオン座などが輝いてますよー!

受験生は夜遅くまで勉強する事になると思いますが、夜の空をみてリフレッシュするのもいいですね!




カレーカレー

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の吉田です。

昨日はひどく寒い一日で、そのせいかずっと “カレーが食べたいなあ” と思っていました。

一般的には寒いと鍋が食べたくなるのかもしれませんが、昨日の私はなぜかカレーの気分でした。

寒さに凍えながらの帰路、スーパーに寄って材料を買い込み、帰宅してすぐお気に入りのルクルーゼで、

せっせと具材を煮込みました。

米の炊き上がりに合わせて、煮込みも完了。

いざ食せん!とスプーンを手に取った瞬間、思い出したのです。

あれ? そういえば今日の昼、カレーうどんじゃなかったっけ?

昼にカレーうどん食べておきながら、その後ずっとカレーが食べたいと思って過ごしていたわけです、私。

楽しみで仕方なかったカレーライスの味も、なんだか4分の3くらいに目減りして感じられました。

あーあ。

何を失ったわけでもないのに、なにか損したような気分になった深夜1時なのでした。

ついに来た!

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の佐々木です。

かなり遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

冬期講習や、祝日の影響などでブログを書く機会がなく、

久しぶりの投稿ということになりました。

約1ヶ月くらい経ってしまったみたいですね!

この間に色々とありましたが、まずは冬期講習!

生徒の皆さん、お疲れ様でした。

ただし、受験生は気を抜いている場合ではありません!

引き続き、気を引き締めていきましょう!

そして、私のブログはというとスポーツの話が多いのですが、

色々とありすぎて何から書けばいいかわかりません。

次回以降に、少しずつ書くことにします。

話は変わりますが、この前、久しぶりにとあるマンガを読みました。

なんなんでしょう?内容を知っているのに・・・・・

突然、読み返したくなるんですよね!

不思議な力が働きますね!

ちなみに「H2」という私が大好きな野球マンガなんですが、

いいんですよ、これが!

語り出すと長くなるので、今回はこのへんで抑えておきます。

いつか忘れた頃に語り出すかもしれません。

毎度、しょーもない話が多いブログで申し訳ないですが、

今後もよろしくお願いします!

それではまた!



箱根駅伝

こんにちは、武蔵野進学セミナー新川教室の関村です。

先日の1月2日、3日は箱根駅伝が開催されましたね。
青山学院大学は見事な連覇でした。青学や東洋のキャプテンの走りには感動させられっぱなしでした。

本当にたくさんのドラマがありましたよね!
ふらふらになりながらも、襷をつないでいた、中央学院や上武大学。
昨年の失敗を今年で払うために、笑顔で襷リレーをした駒沢大学。
わずか数秒で襷リレーができなかった神奈川大学など、、、
誰かががんばる姿はこんなに力をくれるのか感じながら、たくさんのパワーをもらいました!

ついに冬期講習も終わり、都立入試まではあと一ヶ月半弱になりました。
受験生はまた新しい体制で、受験までの残りの時間を過ごすと思います。がんばっている受験生の姿はとってもまぶしいです。このまま後悔のないように、最後まで走り抜けて欲しいと思います。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

本年も何卒宜しくお願い致します。

武蔵野進学セミナー新川教室の岡部です。


冬期講習の後半が始まりました。

塾生はどのような年末年始を迎えたのでしょう。

今日のクラス授業は中3生しかありませんでしたが

発展と標準クラスでは欠席が少し目立ちました。

体調不良などやむをえない場合はしかたがありませんが、

まさか正月気分でだれているわけではありませんよね。

受験生であれば、そんなものは言語道断ですよ。

冬期講習初日には、

「君たちの入試は2月10日でも、2月24日でもない。

1月10日(Vもぎの日)が入試本番だ と思いなさい。

それまでに仕上げるつもりで冬期はがんばろう」

という話をしました。

あと1週間ですよ、あと1週間で本番を迎えるんですよ。

そこまでに仕上げられるくらいに努力をしていますか。

それくらいの緊張感をもって取り組めていますか。

冬期講習、まだあと4日あります。

その質問に胸を張ってうなずけるくらい精進しましょう。

まだ、まだまだできますよ。