武蔵野進学セミナー新川教室

三鷹市にある学習塾です。

どろんこ

こんにちは

大塚です。



小金井教室の石動先生、

お子様のお誕生、おめでとうございます

家族が増え、一段とにぎやかな家庭になりそうですね

どうぞ奥様を労ってください。



さて、生徒のみなさん。

生まれたばかりの赤ちゃんの頃は記憶にないかもしれませんが、

小学校に上がるか上がらないかの幼児期の記憶  はありますか?



雨上がりにわざわざ水たまりに入り、水しぶきをたてたり

急いでいるわけでもないのに、ただ走るのが楽しかったり



大人になるとそういった行為はしなくなります。

服が汚れたら気持ちが悪いとか、

着替えるのが面倒くさいとか、

疲れるからとか、

何かにつけて理由をつけたり、結果を予測したりするようになります。



ただ、この「理由づけ」や「結果の予測」が、

ときに自分の歩みを

止めてしまうことにもなります。



たとえば、「何のために勉強するのか?」という問いを発することは、

相手からの返答次第では勉強しないということにもなりかねません。

ですから、勉強においては、自分の満足のいく理由が与えられたら

頑張るというような等価交換のルールを持ち込まないで、

幼児期の水たまり遊びのように

理由も考えず、

深く全身的に取り組めたほうが幸せである

といえるでしょう。


しかし、そうはいっても言葉で考え、理由を探してしまいますよね。

そこで、勉強する理由はただ一つ。

楽しいから!

で良いのではないでしょうか?

知らないことをたくさん知りたいという知的欲求。

目の前の一問を解けた達成感。

我を忘れて勉強に没頭する時間をどのくらいもつことができたかで

その後の道も切り開かれると思います。


・・・こんなふうについつい「理由づけ」や「結果の予測」をしてしまいました


それにしても、子供のどろんこ遊び、うらやましい・・・













スポンサーサイト



フェイスからファイア

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

新川教室の岡部です。


梅雨入りしましたね。

先ほど、生徒たちは雨が降るなか自転車で帰っていきました。

体調を崩して欠席しているひともいるので、風邪などひかぬよう。


さて、今週は

①面談会の案内

②友達紹介キャンペーンの案内

③試験対策の案内


を配布しています。

来週も引き続き配布するので必ず確認してください。


また、今週土曜日には当教室で漢字検定を行います。

10級~4級 16:40~17:50

3級、準2級 18:00~19:10


ですよ。

既に連絡してあるように、3級と準2級は時間を変更しましたからね。

間違えないようね。



他の先生たちとの雑談中、ラドン温泉を超える天然ぶりを披露してしまいました。

えーと、ということで、今日はこの辺で。


ごきげんよう。

動物??

こんにちは。
水曜の小橋口です。

他の教室の先生方が、本の話題を挙げていたので、私も便乗して。。
私がよく読む本は『聖書』です。

今日はその中からのお話を。

みなさんは『聖書』の中で、“人間”が何の動物に喩えられているかご存じでしょうか?

まあ、この地球上を支配しているといっても過言ではない存在のようにも思えますので、

ライオンとか、
      ライオン


トラとか、
      トラ縮小


クマとか・・・
      クマ

なにか強い動物に喩えられているのでは?と思うかもしれませんが、、

実は人間は“羊”に喩えられているのです。
ヒツジ
みなさんはヒツジなんですよ。ヒ・ツ・ジ!!
ヒツジは動物の中でも強いイメージはありません。
羊がすごいスピードでダッシュしているのは、TVでもあまり見ませんよね?

どうやら、目がよくなく、焦点が定まりにくいために、遠くまではっきり見えないらしいのです。
何かに向かってモ~ダーーーーッシュ///というタイプではないのですね。

なので自分で牧草地を見つけて、生きていくというのも困難なのです。

鋭い牙があるわけでもなし、、オオカミやらトラやらが来たら・・・THE END///なのであります。


みなさんは(私たち大人も)、そういうヒツジのような存在だと教えているのですよ。

では、そのようなヒツジ君がちゃんと成長し、生きていくために必要な存在は??

そうです。ちゃんと見張ってくれて牧草地まで導いてくれて恐い動物から守ってくれる
やさしい羊飼い ですね。


というわけで、みなさんにとって羊飼いの役割をしてくれるのは誰ですかねぇ??
もちろん「 がそのような存在ですよね。
学校では「先生」や「かわいがってくれる先輩」、「助け合える友達」でしょうか。

そして塾では????  ・・・・・ え? いない??・・・


はい。。勉強に関しては、塾の先生たちが羊飼いの役割をしますよ~
「この問題は去年も出たから3回は解いておきなさい」とか、
「助動詞一覧表は絶対覚えなさい」とか、
それは、みなさんをちゃんと導くための羊飼いの鞭のようなものです。

羊飼いのいうことを聞かず、ふらふら自分勝手に歩いていってしまうと・・・

君は・・「迷える子羊ちゃんになってしまいます・・・

行き着くところは、牧草地か?いや、、砂漠かも


というわけで、今度は期末テストがやってきます。
フラフラしてちゃだめですよ~  では

どうぶつのはなし その1

 こんにちは 麻生です。

 今週から、しばらくの間、動物のはなしをします。気のすむまでします。

 今週は「コアラ」です。あの灰色をしたかわいいやつです。

 コアラは、ご存知のようにオーストラリアに住んでいます。東の方の森林の樹の上です。ユーカリという樹の葉しか食べないのは有名ですが、ユーカリの若葉は一時的ですが、青酸という猛毒がふくまれているので、ほかの草食動物は見向きもしません。みなさんも絶対に食べないでください。ほんとに最悪死んでしまいます。

 では、なぜコアラは大丈夫なのかというと、コアラの腸の一部である盲腸という部分には、バクテリアという菌があり、それが毒を分解してくれるのだそうです。人間にも盲腸はありますが、今は虫垂(ちゅうすい)といい、退化の結果、ほんの数センチでまったく役に立っていません。でも、コアラにとってはとても大事なのですね。だから、コアラの盲腸はおよそ2メートルもあり、こんなに長いのはコアラぐらいのもんだそうです。

 コアラはオーストラリアに多い有袋類の動物ですよ。カンガルーと同じです。メスがお腹に袋を持ち、その中で子供を育てるってやつですよ。コアラの天敵であるウォンバット(こげ茶色の、でっかいねずみみたいなやつ)もそうです。で、コアラやウォンバットは袋の出入り口が、カンガルーとは逆で、後ろ向き(下向き)なのです。それはなぜというと、むか~しむかし、コアラも地面の上で生活していたのですが、巣を作るために地面に穴を掘る時、土が袋に入ってしまうからだそうです。

 しかし、彼らは動きが鈍く、弱いので、どんどん肉食動物に食べられてしまうのです。だから、生き残るために、逃げるように樹の上に生活の場所を移していったのだそうです。だったら今は、袋の出入り口、下向きより上向きの方がよいのではないか?だって、樹の上だと、袋の出入り口が下向いていると、子供が落っこちてしまう!と考えるのは私だけでしょうかね~。

 ところで、コアラの子供は、お母さんの袋の中にいる間、何を食べていると思いますか?

 実は、お母さんのウンチです。きたないとかいってはいけませんよ。そうやって一生懸命生き延びてきたのです。でもね、どうやって食べるかというと、お母さんのお尻の穴に口をつっこんで食べるそうです。う~ん、さすがにちょっとね。

 ということで、コアラにとって、(いろいろな意味で)おふくろの味は、お母さんのウンチなのですね。

 今週はここまで。

 

社会の問題について④

こんにちは。

武蔵野進学セミナーの前川です。

みなさんは、この花は何の花かご存じですか?


20130527104448.jpg






正解は、四つ葉のクローバーでした。

母の日に四つ葉のクローバーの球根をおくりましたが、

今朝、そのクローバーの花が咲いたと、母から写メをもらいました。

クローバーって地味ですけど、花はあざやかな色をしてるんですね。






前回の続きです。

飛鳥時代
645年 大化の改新が始まる
やっつけろ 蘇我氏(そがし)は無用(むよう)の豪族(ごうぞく)さ
むよう(の)ごう→645
聖徳太子が亡くなった後、蘇我氏の力が天皇よりも大きくなったため、中大兄皇子(のちの天智天皇)と中臣鎌足(のちの藤原鎌足)が天皇中心の政治をめざし、蘇我氏を滅ぼして年号を大化と定め、公地公民などの政治改革を行いました。

701年 大宝律令が制定される
「名(な)を人(ひと)に知(し)られた 大宝律令(たいほうりつりょう
)」
なおひと→701
中臣鎌足の子である藤原不比等らによって唐の律令を手本につくられた法律で、天皇中心の律令国家が成立しました。豪族は貴族となり、中央に二官八省、地方に国司・郡司、北九州に大宰府、班田収授法で口分田の支給、租調庸の税制が定められました。


奈良時代
710年 都を平城京に移す
「なんと見事(みごと)な 平城京(へいじょうきょう)

なんと→710
平城京は唐の都の長安を手本にしてつくられました。都が平城京に置かれた約80年余りを奈良時代といいます。708年、唐にならって、和同開珎という貨幣が発行され、平城京の市などで使われました。

743年 墾田永年私財法の制定
「永久(えいきゅう)に 心配(しんぱい)なしさ 自分(じぶん)の墾田(こんでん)
なしさ→743
税が重いため、農民が逃亡して口分田が荒れ地となり、人口が増加したこともあって口分田が不足しました。そのため、朝廷は田を増やそうと、新たに開墾した土地の永久私有を認める墾田永年私財法を出しました。貴族や寺社は農民を使い、開墾を進め、私有地を増やし、それがのちの荘園に発達しました。それが原因で、公地公民がくずれていきました。ちなみにこの時の天皇は、聖武天皇です。

平安時代に続きます。


青春

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

新川教室の岡部です。


土曜日は関口先生担当の日なのですが、書きたいことがあるので代わっていただきました。


昨日も書きましたが、体育祭シーズンですね。

今日は新川のマドンナ千賀先生と三鷹6中の体育祭に行ってきました。


いやー、実に楽しかった!

はしゃぎすぎて少し疲れてしまったくらいです。

あ、中2のKくん、中3のKくん、例のあいさつ(昨日のブログを参照)をしてくれてありがとう(笑)



DSC_0128_convert_20130525221911[1]
体育祭日和でしたね!


DSC_0132_convert_20130525222034[1]
なぜか千賀先生はもらえて私はもらえず・・・(後で行ったらもらえました)



思いの外、多くの人と会えました。


【塾生】
教室にいるときとはまた別の顔でしたね。みんなハツラツとしていました。
え、ってことは教室では・・・


【卒業生】
去年の中3から、3年ぶりに会う元塾生まで、いやー懐かしい顔ばかりでしたね。
忘れられていた子もいたけれど・・・


【親御さん】
親御さん「なんでいるんですか?!」    →岡部「・・・生徒の応援です!」

親御さん「先生、来るの遅いですよ!」   →岡部「・・・すいません!」

親御さん「先生、今日休ませてください!」 →岡部「・・・はい、振替します!」


・・・という具合で・・・実に楽しいひとときが過ごせました。


しかし、私と会ったときと千賀先生と会ったときで生徒のリアクションが明らかに違うんだよな・・・

千賀先生は塾生ではない生徒からも「かわいい!かわいい!」と叫ばれていたし・・・

いや、別に「かわいい!」と言われたい訳ではないんですが・・・なんか、こう・・・


人気がない?


ヽ(゚Д゚;)ノ!!



・・・よし、来週から好感度を上げにいこう。

ヒゲか? まずはヒゲなのか?




来週末は三鷹1中の体育祭、応援に行くぜ!

三鷹3中の生徒、体育祭に行けなくてごめんよ!

応援

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

新川教室の岡部です。


武蔵境教室の沼尻先生がブログに書かれている通り、この時期は対策、対策、対策です。

漢検対策、英検対策、学校によっては定期試験対策、ですね。

先生たちも大忙しですが、みんなも修学旅行、定期試験、体育祭、と大忙しでしょう。


そうそう、体育祭のシーズンですね。

三鷹6中は今週25日(土)

三鷹1中は来週 1日(土)

だそうで。


授業中にも言ってますが、

先生、応援に行きますよ!


私を見かけたら、

「あ、『面倒見がいい』で有名な武蔵野進学セミナー新川教室の『おもしろくて授業がわかりやすい』岡部先生、こんにちは!」

と声をかけてください。

なるべく大きな声で。


私も

「あ、『面倒見がいい』で有名な武蔵野進学セミナー新川教室の『おもしろくて授業がわかりやすい』岡部先生の担当生徒である○○くん・○○さん、こんにちは!」

と返しますので。


これ、中2のKくんと練習しましたからね(笑)



・・・はい。


ということで、教室外でも我々はみんなを応援したいわけです。

土曜日が楽しみだ!


みんな、がんばれよ!

危険!

こんにちは。
水曜の小橋口です。

三鷹1中・3中の生徒はテストが終わりましたね。
3中の生徒はもう返却されていることと思います。どうでしたか?

テスト真っ最中の生徒たちもいますよね。

武蔵野3中は今日まで。(もう終わってますね)お疲れ様でした。ちゃんと頑張れましたか??
結果を楽しみに待ってますよ

武蔵野4中は今日から。

成蹊中も今日からですね。みなさんがんばってください


さてさて先週の問題ですが、
逕サ蜒・005_convert_20130508150722
羊に似ていますが、首が長いこの動物君の名前、わかりましたか??

正解は「アルパカ」でした。

「alpaca 80%」とか「alpaca 100%」のセーターがありますので、

冬になったら探してみてくださいね。


そういえば、、

先週の記事を見た大塚先生が、

「キタキツネってかなり危険な動物なんですよね」

大塚先生独特の、微妙な訛り のはいった、ゆった~りとした、あの口調で おっしゃるので、
(授業を受けているみなさんは、わかりますよね?)

わたくしは、、「えぇぇぇぇ~、、そうなんですかぁぁ??」

と聞き返してしまいました


「ハブやら、マムシやらと並んで、ランクインされてるの、見ましたよ。。」
そんな怖いことを、そんなやさしい口調で言われると、、

大塚先生・・・、怖さ2倍っす・・・


後日、知り合いの獣医さんと話したときに確認したところ、

どうやら悪い菌を持っているらしく、野生のキタキツネには絶対に触ってはいけないらしいですね。

みなさんも気をつけてください。

それでは、今日も一緒にがんばりましょう。


昔のはなし 5

 こんにちは、麻生です。

 今日が、この話、最後です。
 
 あれからしばらく経ち、中学受験の生徒たちを集めた、ちょっとした会を開きました。みんなよく頑張ったので、それをねぎらうためです。毎年のことですが、わたしはどうもこれが苦手で・・・。なんか照れくさいのです。特にその年はいやでした。理由は言うまでもありません。もちろん、生徒はたくさんいて、その子たちの笑顔を久しぶりに見たい気持ちはとてもあるのです。しかし、例のあの子には、どんな顔をして会えばよいのか?というより、あの子は来ないだろう、プライド高いし・・・とか、いろいろ考えましたが、結局いやだからいやだという結論に達し、日にちが決まった時に校長にいいました。

「校長、今回は、わたし出ません。理由はお察しの通りです。そのかわり、準備は全部わたしがやりますので・・・お願いします。」
我ながら大人げないなとは思いましたが・・・。それにわたし、普段は、こんなわがまま言わないのですよ。
 厳しい人なので、しかられるかな?と思いきや「あっそ。じゃあ準備たのむぞ。」、あっさりしたものでした。厳しいけど、気持ちのわかるいい上司でした。

 会の次の日、わたしは同僚から、あの子が会に来たということを聞きました。それから少しして、事務所の小さなバルコニーで休憩していると、校長がやって来て、
「みんな会いたがってたぞ。」
「そうですか。それより、〇〇さん、来たんですって?」
「ああ。おれも来ないと思ってたんだけどな。ふつうにみんなと楽しそうにやってたよ。いや~、あの子は強いよ。
 完全にお前の負けだな。」
「別に、勝負してたわけじゃないですよ。」・・・とは言いましたが、わたしには若干の敗北感がありました。しかし、それ以上に何倍もうれしかったのです。

 さらに月日は経ち、それから1年以上経った頃でしょうか。わたしのところにチラシ配り当番がまわってきたのです(その塾では、そんなこともやっていたのでした)。学校の説明会の日に校門前でチラシを配り、一人でも多くの生徒さんを獲得するのです。わたしがふりあてられたのは、例のあの子の第一志望の学校でした。でも、ずいぶん時も経っているし、さして気にも留めていなかったのです。

 当日、チラシを配っていて、そろそろ終わりかなと思った頃、突然「麻生先生!」って、元気で明るい、聞き覚えがある声がして、直後に私の目の前に、例のあの子が現れたのです。話がうますぎるって思われるかもしれませんが本当です。

「先生久しぶりだね!こんなところで何やってるの?!」
わたしは驚いて、とっさに「何って、見りゃわかるだろ!ほんと久しぶりだな~。お前こそ何でここにいるんだ?!・・あっっ!」

 ”マズイっ”と思った時にはおそかった。言ってはいけないことを思わず言ってしまったのです。わたしは目はそらしました。一瞬気まずい雰囲気がしたのですが、彼女はそれをふりはらうように

 「先生、あたし絶対リベンジするから!絶対あきらめないから!」明るく、力強い声でした。

 わたしは、彼女の気持ちを考えると、思わず泣きそうになりました。いったんそうなると、それまでのことが走馬灯のように頭をよぎり、本当にこらえきれなそうになりました。彼女はそれを察したのでしょう。まわりにたくさん人がいるのに、こんなところで、こんなオッサンに泣かれても困るでしょう。「先生じゃあね!がんばってね!」と言いつつ、手をふりながら小走りで走っていきました。ギリギリのところで泣くのをこらえながら、無理に笑顔をつくろうとしながら手をふっているわたしの顔は、さぞかし不細工だったことでしょう。最後に彼女はクスっと笑ったのです。まったく、どっちが先生で、どっちが生徒やら。連敗です。でも、あれほどうれしい敗北感は二度と味わうことはないと思います。

 あれからもう何年も経ちます。彼女とは、それが最後だったので、また、その数年後、わたしはその塾をはなれたので、残念ながら彼女がリベンジをはたしたかどうかわかりません。でも、わたしは勝手に信じています。きっと、見事に夢をかなえたにちがいありません。そして、またいつかどこかで会えることを楽しみにしています。

 この話はこれでおしまいです。ずいぶん長くなりましたが、最後までおつきあいいただき、誠にありがとうございました。 

社会の問題について③

こんにちは。

武蔵野進学セミナーの前川です。


都立の入試問題では、この出来事は何年に起きたか?という歴史の年号を具体的に

問う問題は出ませんが、時期の古い順に並べかえる問題は出題されますので、年号

は絶対に覚えておいたほうが良いです。

普通に覚えてもすぐに忘れてしまうと思うので、ゴロで覚えましょう。

テキストのマイクリアの最後のページの日本と世界の歴史年表を開いてください。

年号と歴史上の大事な出来事が一覧になっています。

入試において役に立ちますので、これらを覚えてしまいましょう。

最初のを見てください。

卑弥呼が魏に使いを送ったのは何年か?

下の「」の中のゴロを覚えていれば、頭の中でぱっと239年がでてきます。

昨年、自分が作った歴史年号のゴロプリントを、授業の前に一生懸命友達同士でやり

とりしている生徒がいましたが、その二人は見事、都立の第一志望に合格しました。

今日は7つ書くので、毎日1つずつ覚えましょう。

旧石器時代や縄文時代はありませんので、弥生時代からいきます。

なお、解説も入れますので、しっかり覚えて歴史を得意にしましょう。


弥生時代
239年 卑弥呼が魏に使いを送る
「文(ふみ)くださいね 卑弥呼(ひみこ)より」
文(ふみ)く→239
中国では後漢が滅亡(220年)した後、魏・呉・蜀の三国時代(~280年)になり、30あまりの国を従えていた邪馬台国の女王卑弥呼が魏に使いを送り、魏の皇帝から親魏倭王の称号をもらいました。そのことは「魏志」倭人伝に記されています。


古墳時代
478年 倭王武が中国に使いを送る
「倭(わ)の大王(おおきみ) 献上(けんじょう)の品(しな)は 南朝(なんちょう)へ」
品(しな)は→478
大和政権の大王の武=雄略天皇が、中国の南朝に使いを送りました。


飛鳥時代
593年 聖徳太子が摂政となる
「飛鳥(あすか)にて 太子(たいし)の摂政(せっしょう) ごく見事(みごと)」
ごく見(ごくみ)→593
聖徳太子が活躍した時代を飛鳥時代といいます。推古天皇の摂政となった聖徳太子は、有力豪族の蘇我馬子と協力し、天皇中心の政治をめざしました。聖徳太子が建てた法隆寺(奈良県)を中心に飛鳥地方に仏教文化がさかえました。

604年 十七条の憲法を制定する
「群(む)れ寄(よ)る民(たみ)に 十七条の憲法(じゅうしちじょうのけんぽう)」
群れ寄(むれよ)→604
聖徳太子は、役人(豪族)のこころがまえを示すために、仏教や孔子の教えである儒
教の考え方を取り入れ、十七条の憲法(争いごとをしないこと、天皇に従うこと、仏
像や経典や僧侶を敬うことなどが示されている)を制定しました。
また、氏姓制度のもとでは、役人になれるのは氏や姓をもつ豪族でしたが、それらに
とらわれない人材登用のため、家柄に関係なく能力があるものや功績をあげたものに
官位をあたえる冠位十二階(603年、役人の位を12段階とし、冠の色で表す)を定め
ました。

630年 第1回遣唐使を送る
「ムーミン まるまる太(ふと)って 遣唐使(けんとうし)」
ムーミンまる→630
618年に隋が滅び、かわって唐がおこりましたが、日本からは引き続き使者がおくられました(遣隋使→遣唐使)。
日本は唐の文化や制度を取り入れるため、遣唐使を十数回派遣しましたが、菅原道
真により894年に停止されました。

894年 遣唐使の停止平安時代)
「道真(みちざね)が 白紙(はくし)にもどす 遣唐使(けんとうし)」
白紙(はくし)→894

ちなみに
607年 遣隋使
「群(む)れなして 荒海(あらうみ)渡(わた)る 遣隋使(けんずいし)」
群(む)れな→607
と覚えましょう。

続きは来週書きます。

スカイツリー!

みなさん、こんにちは!

土曜日担当の関口です(^o^)/


先日休みの日に、東京スカイツリーに行ってきました
(絵文字が東京タワーだって!? こまかいことは、気にしないwww)


みなさんは、もうスカイツリーには行きましたか

スカイツリーができた当初より、だいぶすいてきましたね!!

でも、ムーミンの喫茶店だけは激混みで入れませんでした…
残念(>_<)

なので、スカイツリーのいろいろな写真を撮ってきました



1.jpg
川の水面に映ったスカイツリー

2.jpg
実物と水面に映ったスカイツリーの共演

3.jpg
スカイツリーライトアップバージョン

スカイツリーひとつとっても、いろいろな見方ができるものです

これは、数学の問題や他の教科の問題を解くときも同じことが言えます。

分からなかったら、見方を変えてみると案外解けたりするものなんです!!!


なので、わからない問題があっても
いろいろな角度から問題を見てみてください



それではお待ちかね!
先週の英語の問題の答えです

まずは問題のおさらい!

a hard round fruit that has red, lightgreen, or yellow skin and is white inside.

日本語に直すと…

赤、ライトグリーン、黄色の皮を持ち、硬くて丸い果実で、内側は白色です。

です!

こたえは…
apple  

リンゴでした





では、今週の問題は…

the season between winter and summer when leaves and flowers appear.
です!
ヒントは、←この絵文字かな!


答えは、また来週~

忘れる

こんにちは 

大塚です。



前回、同じ言葉でも使われ方によって、

良い意味にも悪い意味にもなるといった趣旨のお話をしました。



「忘れる」という言葉も同じです。


立ち直ることができないような悲しいことがあっても、

いずれその生々しさを忘れ、

再び前を向いて歩み出すことができます。

顔から火が出るような恥ずかしいことも、

時間が経てば、ただの笑い話に変わるでしょう。

そういう意味では、忘却とは何とも優しい能力ですね。


一方で、歴史とは忘却との戦いであるというようなことも言われます。

過去に起こった戦争や災害。

それらをいつまでも忘れず、教訓としようということです。

この文脈では、「忘れる」ことは、

先人たちの経験を無駄にしてしまうという意味でマイナスイメージです。



さて、人が忘れる生き物である以上、

「忘れる」ことはどうしようもありませんが、

生徒のみなさんにしてみれば、

折角学んだことを一つも忘れたくはありませんよね。

では、どうすればよいのか?

前川先生のブログを是非読んでください。

また、自分の生活の中のちょっとした時間を有効に使うようにしてみてください。

晩御飯  の支度を待つ間、

お風呂  の順番を待っているとき、、

電車  の移動時間、

トイレにいる時間  などなど。

まだまだ有効に使える時間があるはずですよ。



それではまた金曜に

くれぐれも電車で覚えることに夢中になりすぎて、

忘れ物やお乗り過ごしのないようにご注意ください

試験対策真っ盛り

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

新川教室の岡部です。


三鷹3中は中間試験が終わりましたが、来週の月曜日には三鷹1中の中間試験が控えています。

今日も早い時間から呼んで試験対策として補習をしています。

あ、

中3(三鷹1中)は土曜日にまたまた補習を行いますよ!

社会 15:10~16:00

英語 16:05~16:55

理科 17:00~17:50

数学 17:55~18:45


ここで仕上げをしましょうね。


三鷹1中といえば、火曜日に中3生が修学旅行から帰ってきましたね。

毎年恒例の「いいか、八つ橋はいいからな」(「いいか、押すな、押すなよ」パターン)

という私の言葉にも関わらず、かわいい生徒たちがおみやげを買ってきてくれました。

ありがとう。


チョコバナナ味の「チョコバナナ感」が半端なかったです


きのうはそのお礼に「教科書暗唱テスト祭」を開催してあげました。

みんなよくがんばって覚えてくれました。

中には6ページも覚えた強者も。

今週末に仕上げをして試験を迎えましょう。

あ、もちろん明日も対策、対策、対策です。

教室開放をしているので、どんどん自習にも来ましょうね。


では、また。

北海道アニマルズ パート②

こんにちは。水曜の小橋口です。

ここ数日は暑い日が続いていますね。

私は自転車通勤なのですが、最近は、いろいろな花の香りが漂い、

気持ちいい通勤時間となっています。

まあ、草花には詳しくありませんので、何の香りかは全く分かりませんが・・・
それでも気持ちが良いものです。。

さて、テスト期間に突入している生徒も多いですよね。
こちらも対策に追われる日々を送っていると、もうGWが遠い昔だったような感覚になります。

が、先週に引き続き、動物君を紹介いたします。

今日は、富良野の十勝岳で出会えましたキタキツネ君です。
きつね・003_convert_20130508150623
北海道では定番なわけです。
山に帰っていく姿が何ともいえないっす。。

ちなみにこれは5月1日ですよ。1月とかではありません。。

あとは鹿さんたちにも出会えたのですが、うまくカメラに収まらず、、残念。。

最後に問題です。
美瑛の牧場にいた動物君です。何という動物かわかるかな?
逕サ蜒・005_convert_20130508150722
全身写真ではないので、わかりにくい・・・

ヒント:この動物の毛は、セーターなどに使われています。
私も1着持っていますが、暖かいですよ~

ちなみに、「メェ~」となく「sheep」ではありませんよ~

今日は絵文字を多用してみました。。

それではまた。
体調管理に気をつけて、テスト勉強がんばろう

昔のはなし4

 こんにちは、麻生です。

 さっそくですが、先週のつづきです。

 新しい年となり、ハードだった冬期講習も終わると、あっという間に受験です。生徒たちの表情には、やれるだけのことはやったという自信と、この何年かの努力がたかだか数時間に集約されるという緊張感と、何があるかわからないという不安がいりみだれていました。

 いよいよ前日、戦いに向かう生徒たちひとりひとりに、万感の思いを込めて声をかけ、おくりだしました。正直いうと、立場上、生徒たちにえらそうなことをいって気合入れを行いましたが、実は、わたし自身不安で不安で不安で、胃が痛くなってしまうのです。毎年そうです。おそらく、受験生を指導する講師たちは、みなさん同じような思いをされているでしょう。

 数日間、生徒たちは全力をふりしぼって立派に戦い抜きました。結果は最上位クラス7名中、5名第一志望合格、1名第二志望合格、ひとりだけ第三志望にもうからず、結局第四志望となりました。

 クラス全体の実績としては大成功とはいかないけれど、上々といえるところでしょう。毎年のことですが、合格を勝ちとった生徒たちの笑顔を見ることがなによりの喜びです。しかし、ひとりでも悔しい結果がでると喜びも一転、大きな自責の念にかられてしまいます。辛い仕事です(仕事はなんでもそうですが・・・)。

 しかも、なんとそのひとりが例のあの子だったのです。それまでずっと実力的にも、精神的にも、クラスを引っ張ってきた子です。プライドも高く、決して弱みを見せない子でした。そして、わたしの見たところ、もっとも努力してきた子です。そりゃ受験というものは何があるかわからないって、そんなことはわかっています。にしても、”そりゃないだろ!いくらなんでもあんまりだ!”と思ってしまいました。もし受験の神様がいたら、いったいどういうつもりか、何の意図があってこういう結果にしたのか問い詰めたい。これでは今後、生徒たちに努力の大切さをえらそうに語れない。わたしはその子に何をすればよいのだろう。

 とりあえず、その夜、彼女の家に電話をしました。お母さんがでました。まずは心よりお詫びをしました。それに対し、お母さんは、落ち着いた、毅然とした態度でこうおっしゃいました。「申し訳ないのはこちらの方です。先生方は、本当によく指導してくださいました。感謝しております。初日から彼女は、体調が良くなっかったせいもありましたが、まったくなってませんでした。緊張のあまり心がこわばり、目がうつろな状態でした。こういう結果になったのも、すべて彼女の心の弱さから来たものです。先生方には、ご期待をうらぎることとなってしまい、誠に申し訳ありませんでした。」

 お母さんだって、大変つらいに決まっています。わたしは、感情をぶつけられることを覚悟して電話したのですが、こういわれてしまうとかえってなんといったらよいのかわからなくなってしまいました。「〇〇さんに替わることはできますか?」、少しして、いつもとまったくちがう、蚊の鳴くような小さな声で、「先生、ごめんね、ダメだった・・・。」。わたしは、また、なんといったらよいのかわからなくなってしまいました。そして、受話器の向こうで泣いてます。みなさんは、こういう場面で、どのように声をかけますか?その時、わたしは、なんと声をかけたのか?
全く記憶がないのです。覚えているのは、その子の泣き声を聞いたのは、その時が最初で最後だったということです。

 今週はここまで。でも、このはなしは、まだつづきがあります。次週あと一回だけおつきあいください。


 
 

社会の問題について②

こんにちは。

武蔵野進学セミナーの前川です。

今日も引き続き、社会について書こうと思います。

前回は、歴史の流れ・つながりが非常に大切だと伝えました。

今回もまた、歴史の出来事を古い順に並べ替える問題をやってもらおうと思います。

時代は、江戸時代です。

皆さんは次の問題を解くことができますか?




次のア~オは、江戸時代の出来事について述べたものである。

時期の古いものから順に記号を並べよ。

ア、天保の改革

イ、田沼意次の政治

ウ、享保の改革

エ、寛政の改革

オ、大塩平八郎の乱





江戸時代の三大改革は有名ですが、順番は分かりますか?

それが分かっていたとしても、大塩平八郎の乱が入っているので難しいかもしれません。





答えは、ウ→イ→エ→オ→ア です。

できましたか?


できなかった方のために、これは面白いなと思った覚え方を紹介します。

みなさんは、おでんは好きですか?

冬においしい食べ物ですよね。

食卓におでんが来るところをイメージしてください。

その時に、こう思いませんか?

「来たか、おでん」

 享保の改革 (1716年)

 田沼意次の政治 (1772年)

 寛政の改革 (1787年)

 大塩平八郎の乱 (1837年)

でん 天保の改革 (1841年)
(てん)

三大改革だけではなく、その他の重要事項の順番も覚えられます。

このような覚え方は記憶に残りやすいので、有効だと思います。

上の問題が分からなかった方や間違えた方は「きたかおでん」を10回音読してください。

それで完璧です。

面白い覚え方は他にも山ほどありますので、また紹介していきます。

ハプニング!!!


みなさんこんばんは!

新川教室の関口です^ ^

まさかのハプニングが起きたんです、、、

それは昨日、そう土曜日です。

みなさんお気づきでしょうか?
そう、ブログが更新されていませんでした。
保存せずに、消してしまったようです

すいませんでした
(そして、おっちょこちょいでごめんなさい…)


昨日の雨が嘘のように、今日は快晴でしたね
みなさんは、どこかにお出かけしましたか?

昼間は夏のように暑かったのに、今はとても寒いですね

暑かったり寒かったり、体調を崩しやすいので
みなさん気をつけましょう!
(特に、中間テストが近いみんなは体調管理をしっかりしましょうね)


それでは!
今週も、英語のクイズをだしまぁす!*\(^o^)/*


A hard round fruit that has red, light green,
or yellow skin and is white insid
e.


これはある食べ物を表しています!
さて、なんでしょう?( ^ω^ )

答えはまた来週〜




退屈って素晴らしい

こんばんは。

国語の大塚です。



今日は国語の説明的文章の読解についてお話します。



言葉にはプラスイメージとマイナスイメージに分けられるものがあります。

たとえば、「光」はプラスで、「闇」はマイナスというように。

わたしたちが、プラスかマイナスかを判断している基準は、もちろん「常識」

というものであったり、国語辞典であったりです。

つまり、これまでの言語経験から判断するわけです。

どんな言葉がプラスで、

どんな言葉がマイナスかわかる。

これはとても大切なことです。



さて。

では、国語の論説文で「退屈」という言葉が出てきたら、プラスマイナスどちらでしょう?

正解は「たぶんマイナスだろうけど、何とも言えない」です。 ←ずるい!

もう少し丁寧に答えると、筆者がどのような考え方で「退屈」という言葉を

文章の中で使用しているかでプラスマイナスは変わってくるのです。

たとえば、こんな文章だった場合・・・

  昔の子供はテレビもゲームもなく退屈だった

           ↓  
  
     退屈な時間をどう過ごすか悩んだ

           ↓

      新しい遊びを考え出した=創造


この文章では、本来マイナスイメージである「退屈」という言葉が

創造の源泉となっているという意味でプラスイメージで捉えられます。

他にも、「最近の子供たちは偏食が目立つ」の「偏食」はマイナスですが、

「アフリカの動物たちは偏食のおかげで共存できる」とくれば、「偏食」は

プラスになります。

このように、

国語の説明的文章では、

筆者のルール(ものの考え方)を

読み取ることが不可欠です。


筆者のルール次第で、我々の常識は大きく揺さぶりをかけられます。

作問者も結局、「筆者のルールわかってるよね?」ということを

幾つもの設問を通してきいてくるのです。

今日はこのへんでおしまい。

国語について、これからもいろいろお話していきますよ。

ではまた金曜に。

アニマル

おはようございます! こんにちは! こんばんは!

新川教室の岡部です。


さて、他の教室のブログも毎日読んでいるのですが、これまた楽しいですね。

吉祥寺本校・大塚先生の記事
・・・さすが我らが大塚先生。おもしろツッコミです。勉強させていただきます。

三鷹教室・大澤先生の記事
・・・帰ってから嫁に「『右』っていう言葉を説明するにはどうする?」って聞いてみました。

小金井教室・石動先生の記事
・・・お給料日を増やしてくれるなんて、なんて素敵な生徒たちなんだ!(笑)


いやいや、うちの生徒たちだって素敵な子ばかりですよ!

えーと、今日だって、生徒から「変なひと」って言われたし・・・って、あれ?


ともかく!


そんな素敵な生徒たちは中間試験を目の前にしてがんばっています。

通常授業はもちろん、試験対策にも積極的に参加してくれています。

DSC_0097_convert_20130510024419.jpg
関口先生(掲示物大臣)に作ってもらいました!


また、こちらからも毎日「塾へ勉強しに来ませんか?」という電話がけをしています。

学校のワーク、終わっていない子多いでしょ?

教科書の暗唱、まだしていない子多いでしょ?

漢字の練習、家ではやらない子多いでしょ?

だから塾に来てやるんです!


全体でも、今週末の土曜日にもみっちり補習をします!

※5月11日(土)19:00~21:30 三鷹1、3中の1、2年生対象


とにかく尽くせる限り「面倒見良く!」指導していきます。

年度一発目のテストで過去最高点をとりましょう!

気合だ!

DSC_0099.jpg
「アニマル岡部」(ライバルは「ザ・グレート麻生」)

北海道アニマルズ①

こんにちは。小橋口です。

ゴールデンウィークはいかがでしたか?少しはリフレッシュできたでしょうか?

私は久しぶりに旭川に帰ってきました。ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、、

めちゃめちゃ寒かったっす・・・ 吹雪いていました、はい
ちなみに最高気温3度という日もありました。同じ日本なんですけど、こんなに違うとは・・・
もちろん桜はまだでしたよ


北海道に帰ると、僕がいつも期待してしまうのは、

道で出会うかわいい動物君たち。

もちろん市街地で出会うことはほとんどありませんが、

少し車で走り、このようになってくると↓
大地・004_convert_20130508150653

畑にキツネがいたり、山から鹿が下りてきたりと

東京ではない、素晴らしい出会いがあるのです!

というわけで、今回の旅で出会った動物君です。
今日は帯広に行った際に出会えたエゾリス君をご紹介します。

りす002_convert_20130508150553_convert_20130508151151

どうですか?かわいいでしょう?

木の上に巣を作って生活しているそうです。
木の上り下りは速い速い・・ようやくカメラにおさまりました。。

帯広の花畑牧場の近くだったのですが、、この周辺の道にはなんと、、こんな標識が
繧翫☆蜆ェ蜈医・001_convert_20130508150504_convert_20130508151036_convert_20130508151316

はい。人より車より、リス優先 であります。。

寒かったですが、空気がよかったですね~。

というわけで、次回は富良野で出会えた動物君をご紹介します。。


それでは、試験が近い生徒たちは、気を引き締めてがんばろう!

昔のはなし③

 こんにちは。麻生です。

 GW、終わってしまいましたね。なにか新しい思い出はできましたか?

 思い出ということで、この前の続きです。

 その後も、いろいろありました。うれしいことも、そうでないことも。あっという間に数ヶ月が経ち、クラスも受験最上位クラスとしてなかなかよい感じになってきました。明るい中にも緊張感があり、集中力があり、なにより、すべての子が第一志望合格にこだわり、そのための努力を惜しまないようになりました。

 そうなるまでにはわたしも大変な思いをしましたが、それにもまして、子ども達がほんとうによく頑張ってくれました。その先頭に立っていた子が例のあの子なのですが、そんな子にもスランプはありました。受験生のほとんどが体験するのですが、彼女も例外ではなく、一時期、頑張っているのにテストの点数が思ったとおり伸びず、それどころか下がったりして苦しんでいました。例によって”そんなの気にしてないよ~。”って感じで振る舞っていましたが、こっちとしては心配なので、お母さんと電話で話をしたところ、悔しくて泣きながら勉強しているとのことでした。わたしとしては、いつもそうなのですが、結局、はげますことしかできなくて、自分の無力さをひしひしと感じました。

 子ども達の成長には驚かされます。その子もなんとか自力で挫折を乗り越え、その後は、あっという間に合格80%ラインを突破し、それが安定するようになりました。その子だけではなく、みんないくつかの挫折を乗り越え、目標に近づいていきました。それはなにか意地のようなものを感じました。それまでのいろいろな子達の笑顔や、泣き顔が頭に浮かび、こういうのを成長って言うんだなと感じ、誇らしく思いました。

 そうこうするうちに、あっという間に冬がやってきてしまいました。いよいよ受験です。
 
 おっと、紙面が・・・。つづきは次週・・・。